HOME > MARiAS(マリアス)

MARIAS(マリアス) 欧州のオーガニックコスメフリークに愛されるスキンケアブランドMARiAS(マリアス)登場。

化粧品分野ではじめて「オーストリアBio(有機無農薬)」の厳しい水準をクリアしたマリアス・コスメシリーズ。
本物のオーガニックコスメの気持ちよさを体験してみませんか?


ご購入はこちらから

自給自足のなかで生まれた、“効く”オーガニックコスメ

photo
ロゴ

マリアスは、オーストリア・ザルツブルグ発のスキンケアブランド。はじまりは山の中の小さな工房でした。
創始者であるマリア・ピーパーは、世界中を旅して自然の偉大さにふれたことをきっかけに、自給自足の生活をはじめます。そのなかで生まれたのが、自家製ハーブを原料にした手づくりの化粧品。これこそが、マリアスが誇る「オーガニックコスメ」の原点となります。

自然をありのままに生活にとりいれていきたいー。

そんな思いのもと、自然の恵みから本当に肌によいものだけを抽出してつくられる商品は、日々美しくなることを実感できる、“効く”スキンケア。
マリアスは、ヨーロッパのオーガニックコスメフリークに絶大なる支持を受ける、世界が注目するコスメブランドなのです。


世界で最も厳しい有機認定の一つ「オーストリアBio」を取得

オーストリアBioロゴ

オーストリアはヨーロッパ有数の環境先進国。なかでもオーガニック認証団体「オーストリア・ビオ・ガランティー社(ABG)」の要求する水準は、非常に高いことで知られています。
まずは、原料が育つ土壌から。審査基準である「有機無農薬土壌」と認定されるには、4~5年かけてその土地を野性化しなければなりません。そして、製品においては、全成分の95%以上が有機認定基準をクリアした原料でなければならないという、かなり厳しいもの。

マリアスは、それまで食品のみに認められていた「オーストリアBio」認定を、化粧品分野ではじめて取得。これは、長い年月をかけて積み重ねてきた信頼と実績の証といえるでしょう。

地球と人にやさしい商品づくり

マリアスのコスメには「水」が使われていません。なぜでしょう?
使うのは、オレンジウォーターやローズウォーターなどの蒸留水。そのまま化粧水としても使えるフラワーウォーターを水の代わりに用いることで、防腐剤不要でお肌にやさしく、浸透性の高い商品づくりを実現しているのです。

原材料はすべて契約農場で生産されたもの。化学合成成分、鉱物由来成分、遺伝子組み換え植物からの抽出成分は一切使用していません。
動物実験は行わず、厳しい認定基準をクリアしたファクトリーでの製造工程も、日々徹底して管理されています。
また、マリアスの商品は高い生分解性をもち、水を汚すことなく微生物によって分解され、やがて自然に還ります。

皮膚科専門医によるテスト(※)も行っており、肌の弱い方にもぜひお試しいただきたい、人にも地球にもやさしいナチュラルコスメです。
※アレルギーが全ての方に起こらないということではありません。

フェアトレード原料の使用

photo

フェアトレードとは、”公平な貿易”。

発展途上国でつくられた物を適正な価格で継続的に購入することで、貧困や紛争、経済格差の是正に寄与しようという取り組みです。
また、こうした問題が生む乱開発を防止し、有機栽培などの生産方法を取り入れて、環境を維持したまま採算が取れる産業としての成立を支援するなど、環境保護の面からも世界的に注目されています。

マリアス製品の一部に使用されているシアバターの原産地は、アフリカ・ブルキナファソ。フェアトレード制度を通して取り引きされており、生産に携わるブルキナファソの女性自立支援に寄与しています。

ご購入はこちらから

photo photo
メアミルクシリーズ BIOボディケア


ページトップへ